Whist / ホイスト

k Whist
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/whist/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation

ホイストはブリッジの前身となったゲームであり、イギリスを起源としています。オークションブリッジとコントラクトブリッジより前の時代には、ホイストは確かに非常に人気のあるゲームでしたが、今日ではブリッジに取って代わっています。

ホイストの遊び方

タイプ:トリテ
年齢:18+
人数:4(パートナーシップ)

ルール

使うカード

1組、多くのブリッジゲームのように対照的な裏のデザインを持った2組使うのがお勧め、1組配っている間、次ディールのために、もう1組をシャッフルできる

ランク

(高)A, K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2(パートナーとディーラーを決める際はKQJ10…A順)

ディール

左から1枚ずつ裏向きに配る最後のカードで切札スートを決める

切札

最後のカードはディーラーの手に入れる前にテーブルに広げそのスートを切札とする、最初のトリックでディーラーがプレイするとき、切札決めカードを手札に入れる

目的

パートナーと6トリック以上取りポイントすること、終了時に最もポイントを取ったペアが勝ち

プレイ

◆右回りに、左からリード、マストフォロー、4枚で1トリック

◆ハイトランプかハイスートリードが勝ち、勝ったら次リード

スコア

6枚を超えた1トリックにつき1ポイントをペアに与える

雑感マイブログ

Pagat.comによると、イギリスでは5ポイント先取で1ゲーム、2ゲーム先取で1ラバーでやることが多く、アメリカでは7ポイント先取で遊ばれることが多いとありました。
このゲームはとても簡単なトリテと言えるのではないでしょうか?切り札のルールははありますが、単純に13トリックをやってどちらが多く勝ったかを競うのみ、とってもシンプルです。なぜこのゲームが18,19世紀に大人気だったのか?不思議です。変なトリテばかりやっているからでしょうか?w
ホイストの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com Pagat.com Wikipedia
日本語 : ゲームファーム Wikipedia