500 Rum / 500ラム (ファイブハンドレッド ラム)

カードを集めて点を取り早く500点を取る!

500 Rum
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/500-rum/
以下日本語訳 Next is Japanese translation.

500ラム の遊び方

タイプ:ラミー
年齢:13+
人数:2,3,4,5+

ルール

使うカード

52枚

目的

セットやシーケンスを作り、最初に500点取ること

カードの強さ

(高) A K Q J T 9 8 7 6 5 4 3 2 A(低)

得点

レイダウン(自分の手札にそろった組を、場に出すこと)と、レイオフ(場に出ている相手の組へ自分の札を付ける事)が得点となる、だれかの手札が無くなったら直ちに終了、テーブル上にあるカードはプラス点、手札に残ったカードはマイナス点(例:テーブルに87点、手札に90点残った場合、トータルから3点マイナスする)
最初に500点以上に達したプレイヤーがゲームに勝ち、相手との点差を得る。同時に500点以上の人が複数出た場合は高い人が勝つ

配り方

1人7枚(2人のときは13枚)残りは裏向きに山札とする。一番上をめくり横に置き捨札の山とする、そこへのカードは以後ずらして置き、全てのカードが見えるようにする。

プレイ

ディーラーの左からスタート、山札から1枚取るか、捨札の山から取る。捨札の山からは途中の好きなカードを取れるが、取ったら1)その上のカードを全て取る、2)直ちに好きなカードをレイダウンかレイオフする。レイダウンやレイオフは各自手前でやる(相手へのレイオフも手前でやる)、AはAKQまたはA23とつながる、KA2とはつながらない。

ルール補足

(原本「Official Rules of Card Games」より)
絵札は10点、数札はそのまま、Aは15点(ただしA-2-3のシーケンスで使った場合は1点とする)
Joker(15点)を2枚入れても可、5-8人でやるときは2組使用。
ドローによってディーラーを決める、より低いカードを引いた人が最初のディーラー、その際Aは最小と数える

(Pagat.comより)
・コーリングラミーというルールについて
誰かが捨て札をした後、捨て札の山の中にメルドやレイオフ出来る組合せが有ったら、だれでもラミーと言って、捨て札の山を取ることができる。この場合次の順番は正規の順番に戻る

雑感、マイブログ

トランプゲーム紹介第一回目であるが、実はこのゲーム一度もプレイしたことがない…、ラミーは子供の頃何度も何度も遊んだ、セブンブリッジという遊び方だった。子供の頃はセブンブリッジとコントラクトブリッジ の違いも当然分からない、田舎だったから近くに大きな本屋産もなし、インターネットの時代でもない、手がかりはサンタにもらった学研のトランプの本のみ、これが唯一の手がかり、今は便利な時代、この学研の本についてはいつか書くとして、話を500ラムに戻します。
このゲーム通常のラミーと違うところは、捨札が全て見えている事、そして捨札のどの位置からも拾うことができる事です、ただし取ったらその上にあるカードも全て取らねばならぬ…ジレンマですね。そしてメルド点があることも違いです。相手へのレイオフしたカードも得点になるため、レイオフは相手のメルどの上ではなく、自分の手前に個別に置くことになります。やったことがないので分からないのですが、場がごちゃごちゃにならないか?混乱しそうだ…Webアプリで“CardzMania(下段リンク集参照)“というサイトがありそこで無料で遊ぶことができる、ソフトなのでカードは自動計算でごちゃごちゃしていなく楽だった、ただ私はスマホでゲームをやるのが苦手だ、やはりトランプゲームは人とやるに限るのである。以上、500ラムの紹介でした。

リンク集

ゲームルールリンクサイト
日本語 ゲームファーム
英語 bicyclecards.com Pagat.com Wikipedia

Webアプリリンクサイト
CardzMania