Klondike / クロンダイク

Klondike
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/klondike/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation.

クロンダイクこの素晴らしいゲームを覚えよう

クロンダイクの遊び方

タイプ:ソリティア
年齢:13+
人数:1

ルール

使うカード

1組52枚

目的

AからKまで4つのスートの組札を作ること

配り方

28枚のカードを使って7つの山を作る、最初の山は1枚、2番目の山は2枚、3番目の山は3枚…、最後は7枚。各山の一番上のカードは表に、その他のカードは裏向きにする

プレイ

◆4つのAは組札となる、各Aはその上に続けて置く土台となる。スートごとのカードをAの上に続けていく、A→2→3→ …

◆動かせるカードは、次に高いランクの上に赤黒交互に出せる 例:黒の5は、赤い6の上に出せる、さらにカードがあれば場札(タブローパイル)へ、カードはユニット単位で動かさなければならない。

◆その列で表向きカードがなくなったらトップを表にする

◆Kは、レイアウトの空きスペースに動かせる。山札から3枚めくる、3枚の内、トップカードが使える、パイルの積み上げか、列へのプレイを行い、このやり方でカードを順に続けていく。アップカードが使えなくなったら、表にした3枚のカードの残りを捨山にのせ、次の3枚組をめくる。

雑感マイブログ

一番有名なソリティアと言っていいでしょう、パソコンに最初からインストールされているアプルとしても有名です。ここには日本ではあまり知られていないと思われる、3枚めくりのルールで書かれています。私はこの3枚めくりのルールでやって、50回やって2回しか成功していません、3枚目くりは難易度が高いです。どのソリティアでもそうですが、記録を付けて遊ぶとさらに楽しさがアップします、オススメです。
一点ルール気になる点があります、ここにはパケットまとめて移動可能と書いてあります、他の本にもその様に書いてあります、ですがPCやスマホのアプリでは列の途中からでも移動ができてしまいます、本来は途中では移動できないというのが最初のルールの様な気がします。まぁ途中からの移動を可能にした方が頭を使いますね。
以上、クロンダイクの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com Wikipedia
日本語 : Wikipedia
Webアプリ : Solitaired.com