Spades / スペード

Spades
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/spades/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation

スペードが常に切り札となるゲームです

スペードの遊び方

タイプ:トリテ
年齢:13+
人数:2,3,4,5+

プレイ

使うカード

1組

ランク

スペードは常に切札

目的

最低でもビッドしたトリックをとること

配り方

ドローでハイカードを引いた人がディーラー、その後は左回りに交代、左から裏向きに1枚ずつ配る、各自スートごとそろえる

ビッド

各自1回、左から順に取れると予想するトリック数を1以上ビッドする、パスはできない、スートは言わない、ゲームの名が示すとおり切札はいつもスペード

プレイ

◆ゲームはハンドごとスコアを付ける、勝者は勝利点に達しているか確かめる、勝利点はゲーム前に決めておく。通常500点、ショートゲームは200点がよい。

◆ディーラーの左がオープニングリード、マストフォロー、できなければ切札か捨札、ハイトランプかハイフォロースートが勝ち、勝ったら次をリードする

◆プレイは手札がなくなるまで13トリック続く

◆スペードは、既にスペードがプレイされているか、手札にスペードしか無い場合に限りリードできる。

スコア

◆ビッド通りコントラクトを達成したら、1ビッドにつき10点得る、さらにオーバートリックごと1点+、例)ビッド7でジャストメイクしたら70点、ビッド5で8と陸取ったら53点(ビッドで50点、オーバートリックで3点。別のスコア方法では、オーバートリックをバッグと言い、累積バック数が10バッグになったら-100点。このためビッドは常に正確に取るのがよい

◆結果がビッド数より下だったら0点、例)ビッド4で3トリックしか取れない…0点

1人がスコア役となりビッドも記入する、プレイ後直ぐ記入し、この得点表は皆見れるようにする、1ハンド終了したらビッドの隣に記録する。またトータル点も書く、もし同点の場合はもう1ラウンド全員参加でプレイする。

補足

パートナーシップ
2対2のペア戦で行う、チームでビットを足して、チーム合計の目標ビットとする。最低ビットは2から。

2人
カードを配る前に、一組を2人の真ん中に山にして置き、交互にカードの選択を行う。最初のプレイヤーが山札トップを自分だけ見て、必要なら手札に入れ、必要なければ裏向きに捨札する。トップカードを手札に入れた場合は次の山札2枚目のカードを自分だけ見てから裏向きに捨札にする。トップカードを捨札した場合は、次の山札2枚目のカードを手札に入れる。最初のプレイヤーの選択が終わったら、相手ののプレイヤーが同様に選択と捨札を行う。以降交互に13回、選択と捨札を相手に見せないように行い、手札を13枚にする。そして通常のルールでスペードを行う。

3人

♣️2をゲームから除きプレイする。17トリックプレイする。

5人

♣️2と♦️2を除き、10トリックプレイする。

ジョーカー入り

事項で紹介

ビットのオプションルール
ブラインドビット

手札を見る前にビット可能で、100点以上取るという宣言、この場合のポイントは2倍となる。このビットの場合は、オーバートリックの1点はカウントしない。
ニルビット
1トリックも取らないというビット(意外と難しい)成功したら100点、失敗したら-100点。

雑感マイブログ

スペードというゲームは、不思議なゲームで。日本ではほとんど紹介されていないし、バーレットの本にも載っていない。にもかかわらずPagan.comでは常に参照回数が高いゲームだ。2000年代以降に人気が出たような気がするなぁスペードの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com Pagat.com Wikipedia
日本語 : ゲームファーム Wikipedia