Knock Rummy / ノックラミー

Knock Rummy
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/knock-rummy/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation.

上がった時に行う、ノックの動作で知られている。

ノックラミーの遊び方

タイプ:ラミー
年齢:18+
人数:2,3,4,5+

ルール

ランク

(高)K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2 A(低) Aはハイにもローにもなる

配り方

◆ディーラーの左から1枚ずつ裏向きに配る

2人…10枚
3,4人…7枚
5,6人…6枚 残りは裏向きに山札とする

◆山札のトップカードをめくりアップカードとし、捨札の山とする

◆2人の時は勝者が次のディーラーとなる、3人以上は左回りに順番に行う

目的

互いにセットから成る組み合わせを作ること、セットはグループ(同位札3枚以上の組み合わせ)やシーケンス(同スートで3枚以上の順列の組み合わせ)から成る

プレイ

プレイヤーは山札から引くかアップカードを取る、そしてラミーのためにディスカードする。メルド(できたセットを表に出すこと)やレイオフ(相手のセットに付札すること)はしない、だれでも捨てる前にノックをして手を終わらせることができる。そのときはメルドとアンマッチカードを分け、端数の合計をアナウンスする。相手方もメルドと案マッチカードを分け同じようにアナウンスする

ゴーアウト

◆手札がなくなれば勝利

◆もし残りの手札全てがそろっていたら、最後に捨札しなくても上がれる、この終わり方ではそれ以上プレイは無い

◆山札の最後の1枚を引いても誰も上がらなかったら、次のプレイヤーは捨札の山から取るか、捨札の山をひっくり返して新たな山札として使う(シャッフルしない)。それまでと同様に続ける

スコア

最小得点者が勝ち、他との得点差を得る、ラミー上がり(全てそろって上がること)の場合は+25点ボーナス、もしノッカーと他者が同点だったら、他者の勝ち、もし他者より多かったら点差+10点のペナルティ、そしてその者が勝者となる

雑感マイブログ

ラミーのバリエーション、ジンラミーを複数人でやるイメージです。ただしレイオフがありません、あと上がりに必要な最小点数もありません。(上がりの縛りはあってもいいと思うけどなー端数が10点以下とか)
あれ?ひょっとしてこれってヤニブに近いゲームかも、、
ノックラミーの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com PlayingCardDecks.com