Hold ‘Em / ホールデム

ホールデム
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/hold-em/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation.

ホールデムはポーカールームのあるカシノで人気になっている。ポーカーの他のどのバージョンよりもスキルが必要になると考えられている。

ホールデムの遊び方

タイプ:ポーカー
年齢:13+
人数:3,4,5+

ルール

使うカード

1組52枚

目的

基本ポーカーに同じ

配り方

各自裏向きに2枚、そしてテーブル中央に裏向きに5枚配る

プレイ

配られた時点で1回目のベット、各プレーヤーはチェック、ベット、レイズ、フォールドのどれかを行う。

・チェック:名目上のビット、通常チップは入れなくてよい
・ベット:ベストハンド、勝てるハンドで好きな数のチップを入れる
・レイズ:それまでのベットを超える数のベットをする
・フォールド:手札を裏向きに伏せることで、そのディールから降りる

1回目のベットの後、センター5枚の内3枚を表に向け2回目のベットを行う、残り2枚の内1枚を表向きにし3回目のベット、最後の1枚を表向きにし4回目(最終)のベット、ショーダウンでは、手札と場札の組み合わせでベストな5枚を作り勝負、ベストハンドが勝ちポットを取る

雑感マイブログ

ホールデムはどういう意味なのか?ここで紹介されているゲームはテキサスホールデムと同じようであるが、共通カードを最初に5枚裏向きに配っている。そこだけが違うようである。
ちなみにポーカーには、
・ドローポーカー(手札交換があるポーカー)
・スタッドポーカー(手札の一部を見せてプレイするポーカー)
・コミュニティーカードポーカー
大きく分けるとこの3つになる。ポーカーはこの順番(ドロー→スタッド→コミュニティ)で流行っている。
そしてここで紹介したホールデムはコミュニティーカードに属する遊び方です。
ホールデムの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com Pagat.com Wikipedia
日本語 : Wikipedia