Spades with Jokers / スペードウィズジョーカー

Spades with Jokers
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/spades-with-jokers/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation

スペードウィズジョーカーは、2〜5人で遊べます。個人戦としてまたはパートナーシップで行います。

スペードウィズジョーカーの遊び方

タイプ:トリテ
年齢:13+
人数:2,3,4,5+

プレイ

使うカード

1組にジョーカーを2枚入れる。ビッグジョーカーとリトルジョーカー、あるいはフルカラージョーカーとワンカラージョーカーという風に区別する。

ランク

◆スペードは常に切札

◆(高)Joker, A, K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2(低)

目的

◆少なくともビッドした数のトリックを取ること

◆ジョーカー2枚使用、高位の切札となる、よってスペードスートは15枚、ビッグジョーカー>リトルジョーカー>A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

2人、4人…2♣️,2♦️を抜く
5人…2♣️,2♦️,2❤️,2♠️を抜く
3人…そのまま

ディール

ハイカードドローがディーラー、以降左回り、左から1人1枚裏向きに配るり手札をそろえる

ビッド

各自1回、左から順に取れると予想するトリック数を1以上ビッドする、パスはできない、スートは言わない、ゲームの名が示すとおり切札はいつもスペード。

プレイ

◆ゲームはハンドごとスコアを付ける、勝者は勝利点を確かめる、それはゲーム前に決めておく。通常500点、ショートゲームは200点がより。

◆ディーラーの左がオープニングリード、マストフォローできなければ切札か捨札、ハイトランプかハイフォロースートが勝ち、勝ったら次をリードする

◆プレイは手札がなくなるまで計13トリック続く

◆スペードは、既にスペードがプレイされたり、リードされるまで、手札にあってもリードできない。

スコア

◆ビッド通りコントラクトを達成したら、1ビッドにつき10点得る、さらにオーバートリックごと1点+、例)ビッド7でジャストメイクしたら70点、ビッド5で8と陸取ったら53点(ビッドで50点、オーバートリックで3点、オプションとして、オーバートリックをバッグと言い、累積バック数が10バッグになったら-100点。このため常にビッド通り正確に取るのがよい

◆結果がビッド数より下だったら0点、例)ビッド4で3トリックしか取れない…0点

1人がスコア役となりビッドも記入する、プレイ後直ぐ記入し、この得点表は皆見れるようにする、1ハンド終了したらビッドの隣に記録する。またトータル点も書く、もし同点の場合はもう1ラウンド全員参加でプレイする。

雑感マイブログ

bicyclecards.comでは、スペード専用カードを売っている。スペードのマークが金色に縁取りされて切札だと認識しやすくなっている、また2枚のジョーカーにビックジョーカー、リトルジョーカーを表記があります。日本で売っている所は無いようですが、欲しいでなと思っています。
スペードウィズジョーカーの紹介でした。

リンク集

英語 : bicyclecards.com Pagat.com Wikipedia
日本語 : ゲームファーム Wikipedia
jijinuki.com : スペード