Devil’s Grip / デビルズグリップ

Devil’s Grip
bicyclecards.com
https://bicyclecards.com/how-to-play/devils-grip/
以下日本語訳 The following is a Japanese translation.

ソリティアよりも、チャレンジングなゲームでステップアップ

デビルズグリップの遊び方

タイプ:ソリティア
年齢:8+
人数:1

目的

全てのカードをグリッドパイルに置くこと、1行目のトップはJ、2行目はQ、3行目はKでうまる

使用カード

2組からAを抜いた96枚

配り方

カードシャッフル後、24枚のカードを3行8列に表向きに並べる。カードはいつでもこの3×8グリッド内で互いに入れ替えることができる。残りのカードは裏向きに山札とする

プレイ

カードは同スートで次の順に従って積み重なっていく

1行目 2→5→8→J
2行目 3→6→9→Q
3行目 4→7→10→K

この並びはランダムに見えるがグリッド上で鮮やかに並ぶ

スペース

できたスペースには、山札から1枚を埋める。これは、ベースカード(2、3、4)をグリッドに配置できる唯一の方法です。もしスペースがなければ、伝統的ソリティアのやり方に従ってストックから3枚めくり、表向きにタロンとする。同スートのカードは、グリッド上の正しい位置に置かれる、例)♠️8は♠️5の上に置かれる5はすでに2の上においてある必要は無い

エンド

プレイはグリッドにカードが置けなくなるまで続く、たいてい全てのパイルは絵札になる、タロンに残ったカードがスコアになる。少ないほど良い。10枚以下…good、5枚以下…エクセレント、2枚以下…ブリリアント

雑感マイブログ

デビルズグリップは成功確率が非常に低いゲームです。似たゲーム、というか元になったゲームは”バージニアリール”だと思いますが、バージニアリールの成功率は2〜3割とのこと、一方このデビルズグリップは、4ヶ月以上毎晩やっていますが一度も成功していません…、それどころか、残ったタロンが10枚以下でgoodと書いてありますが、それさえも滅多に出来ません。そんな中、自身の最高記録は残り3枚!これは自慢できます(笑)

ルールについてですが上のルールを見ただけでは分からない箇所がありました、それはカードの移動についてです、位置のチェンジは自由に出来ると書いてありますが、3飛びのシーケンスを作るために、移動させることができるカードは一枚だけか?それとも二枚三枚複数まとめて移動可能なのか?私は両方試してみましたが複数枚でOKです、でないと更に無理ゲーになりますから…

以上、デビルズグリップの紹介でした。

参考サイト

英語 : bicyclecards.com

(参考)バージニアリールのルール
英語 : Wikipedia